のぼりの注文に、発注可能な最低枚数やサイズはありますか?

基本的にのぼりの発注は1枚からでも可能ですが、少なければ単価が高くなるのはどんなものでも同じ。

コスパを考えて発注しましょう。

のぼりは1枚からでもオーダーできる。

のぼりはどこの専門店でも、1枚からオーダーできます。

ただし1枚あたりの単価が高くなることと、発注効率が悪くなる事実だけは踏まえておきましょう。

よく「あそこののぼり店は高い」とボヤク人がいますが、1枚なら当然そうなります。

ショップ側のせいではありません。

10枚目から単価が安くなるとか50枚以上でグッと安くなるなど単価が下がる境目というのも色々で、

たとえばのぼり印刷ドットコムは6枚目から単価が下がるようになっています。

何枚ごとで単価が安くなるのかはその店のホームページに価格表が掲載されていますので比べてみるとよいでしょう。

のぼりのサイズもいろいろある。

のぼりは普通の生地(テトロンポンジなど)や防炎加工が施されたものがあり、サイズはいろいろあります。

たとえばW600mm×H1800mm、W450mm×H1800mm、W900mm×H2700mmなどです。

町中のコンビニなどでよく見かける一般的なサイズは、W600mm×H1800mmですが、上記のように大きなもの小さなもの、長細いものなどいろいろあります。

生地や印刷方法も一種類ではないので確認してみましょう。

のぼり印刷の枚数や大きさ・生地を決めるときは、事前にのぼりを立て掛ける場所や環境を確認しましょう。

たとえば、店の間口の広いところにはのぼりを左右に2本ずつ立てましょう。

また直射日光(紫外線)が強いところは、色褪せや生地の劣化が早いので、その分を見込んで複数本いっしょに頼んでおくと、コスパが高まります。

のぼりの耐用期間は3か月~半年なのでそれを念頭に考えてください。

Comments are closed.